安全への取り組み

CTとサージカルガイドで安全な治療を提供

CTとサージカルガイドで安全な治療を提供インプラント治療では、手術の安全性と正確性が非常に重要です。また、手術の安全性と正確性に問題があれば、インプラントが長持ちしません。そこで当院では、歯科用CTで撮影した高精細な3D画像を元にシミュレーションを行い、インプラント治療の正確性と安全性を高めています。さらに、インプラントの埋入位置をガイドするサージカルガイドも使用しております。

CTについて

精度の高い診査診断

精度の高い診査診断従来のレントゲンでは、平面の画像しか取得できないため、顎の骨の厚みや神経・血管の位置まではわかりませんでした。歯科用CTを使用することで、高精細な3D画像を取得できるため、手術の安全性が高まります。骨の形や厚み、歯根の形、神経・血管の位置まで的確に把握できるほか、歯根の病巣や破折の状態など、インプラント治療以外の治療にも役立つさまざまなデータを取得できます。

治療に必要な情報を的確に把握

治療に必要な情報を的確に把握インプラント治療を行うには、インプラントを埋め込めるだけの骨の量が必要です。歯科用CTで骨の量を正確に把握し、骨造成の必要性を検討します。また、顎の骨の下にある太い神経の位置も把握し、麻痺のリスクを最小限に抑えております。

正確なシミュレーション

正確なシミュレーションインプラントの埋入位置は、CTで取得したデータを元に決定します。審美性や機能性などを考慮して、インプラントを埋め込む角度や位置、深さなどを決め、緻密なシミュレーションを行います。また、CTで取得したデータは3Dで理解を得やすいため、患者さまへのインプラント治療の説明資料としても役立ちます。

サージカルガイドについて

安全かつ正確な治療のために

安全かつ正確な治療のためにサージカルガイドとは、CTで取得したデータをコンピューターに読み込ませ、インプラントの埋入位置や角度、深さなどをシミュレーションしたうえで設計するガイドのことです。サージカルガイドが導く位置・角度・深さに従ってインプラントを埋入することで、成功率が格段に上がります。

サージカルガイドの特徴
正確な位置や角度でインプラントを埋入できる

正確な位置や角度でインプラントを埋入できるインプラントを顎の骨に埋め込むときに、神経を傷つけたり圧をかけたりすることで麻痺が起きる場合があります。サージカルガイドを使用することで、当初の治療計画どおりのインプラント埋入ができるため、トラブルを防ぐことができるのです。

手術時間の短縮と低侵襲の治療

手術時間の短縮と低侵襲の治療インプラントの埋入位置や角度などをサージカルガイドが導いてくれるため、正確でありながら短時間での埋入が可能になりました。また、歯茎の切開を最小限にできるため、患者さまへの負担も大幅に軽減できます。症例次第では、歯茎を全く切開することなくインプラントを埋入するフラップレス手術も行えます。

インプラントが長持ちする

インプラントが長持ちする正しい位置にインプラントを埋入することで、インプラントが長持ちします。不正な位置や角度にインプラントを埋入すると、余計な力がかかることでインプラントが骨を突き抜けてしまうことがあるのです。

サージカルガイドを使用すれば、そのような心配はなくなります。ただし、インプラントを長持ちさせるには、日々のセルフケアと定期的なメンテナンスが欠かせません。

一番上に戻る
042-569-8127042-569-8127 初診専用WEB予約WEB予約はこちら