インプラント周囲炎

インプラント治療後の注意点

インプラント治療後の注意点インプラント治療後は、インプラント周囲炎を防ぐために定期的なメンテナンスを受けていただく必要があります。インプラント周囲炎について十分な知識を得ることで、セルフケアや定期検診に対する意識が高まります。

インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎とは?インプラント周囲炎とは、インプラントの周りの歯茎に起きる歯周病のことです。インプラントは人工物のため、むし歯にはなりません。しかし、周りの歯茎は天然のものですので、他の歯茎と同様に歯周病を発症するのです。インプラントの周りの粘膜に炎症が起きた状態をインプラント周囲粘膜炎といい、さらに顎の骨まで溶かされた状態をインプラント周囲炎といいます。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎の原因は、歯垢に含まれる細菌が毒素を出し、歯茎や顎の骨に炎症を引き起こすことです。磨き残しがあると、そこで細菌が増えてインプラントの周りの粘膜に炎症が起こります。日々のセルフケアで歯垢を徹底的に取り除くとともに、定期的な歯のメンテナンスで磨き残した歯垢や歯石を徹底的に除去すれば、インプラント周囲炎を予防できます。

インプラント周囲炎の症状

  • インプラント周りの粘膜の腫れ
  • 粘膜からの出血
  • 膿の排出
  • インプラントと周りの粘膜の溝が深くなる
  • 歯茎が痩せる
  • インプラントが揺れる、抜け落ちる

インプラント周囲炎は進行しやすい

インプラント周囲炎は進行しやすいインプラント周囲炎は歯周病よりも早く進行すると言われています。また、歯周病よりも治療が難しく、なかなか改善しなかったりインプラントを抜かざるを得なくなったりするケースが少なくありません。インプラントを長く快適にお使いいただくには、歯科医院の指示に従って適切なセルフケアを行い、定期的に歯のメンテナンスを受けることが大切です。

一番上に戻る
042-569-8127042-569-8127 初診専用WEB予約WEB予約はこちら