静脈内鎮静法

寝ている間に終わる、インプラント治療

寝ている間に終わる、インプラント治療

当院では、「患者さまの痛みや不安を抑え、いかに安心安全な治療を行えるか」を常に考えております。その方法の1つとして、静脈内鎮静法をおすすめしております。静脈内鎮静法によって、意識を保ちながらもリラックスした状態で手術を受けられるため、治療中の不安やストレスを抑えることが可能です。

当院では、日本歯科麻酔学会認定の歯科麻酔専門医が静脈内鎮静法および全身状態の管理を行っておりますのでご安心ください。

当院の静脈内鎮静法

大学病院の麻酔科と連携

大学病院の麻酔科と連携当院には、大学病院の麻酔科医が在籍しており、自動血圧器などを用いて静脈内鎮静法を受けている患者さまの状態を管理いたします。手術中の音や振動が怖い、高血圧などの全身疾患があるといった方は、静脈内鎮静法をご検討ください。

静脈内鎮静法の進め方

最初に体調をチェックするために、麻酔科医が質問をします。静脈内鎮静法に対する不安や疑問点がある方は、お気軽にご質問ください。そして、心電図や血圧計など全身状態を管理する機器を用意し、静脈内鎮静法を開始します。注入から1~3分程度でうとうとした状態になります。

静脈内鎮静法はリラックス作用に優れているものの、鎮痛効果は今ひとつです。そのため、局所麻酔をして手術の痛みを抑える必要があります。静脈内鎮静法の効果によって、局所麻酔の痛みや恐怖はほとんどありません。静脈内鎮静法と局所麻酔の効果が十分に現れてからインプラント手術を開始します。

治療後は、眠気が残ったり身体がふらついたりする場合があるため、必要に応じてしばらく安静にしてからご帰宅いただきます。通院時には、車や自転車、バイクではなく、徒歩や公共交通機関でご来院いただく必要があります。

このような方におすすめ

このような方におすすめ静脈内鎮静法は、歯科恐怖症の方におすすめの方法です。歯科医院に対する恐怖心が強く、インプラント手術を受けることを強く懸念している方は、静脈内鎮静法をご検討ください。また、治療中に恐怖心によって吐き気や脳貧血などが現れたことがある方には、特に静脈内鎮静法が適しています。
このような問題がなくても、リラックスした状態で治療を受けたい方、治療の前日に緊張して眠れない方なども、あらかじめ静脈内鎮静法を用いることを決めておくことをおすすめします。

一番上に戻る
042-569-8127042-569-8127 初診専用WEB予約WEB予約はこちら