入れ歯・ブリッジとの比較

入れ歯・ブリッジとの比較

入れ歯・ブリッジとの比較

歯を失ったところを放置すると、噛み合っていた歯が長くなり、全体の歯並びを乱す恐れがあります。その結果、顎関節に負担がかかることで硬いものを噛みにくくなったり、肩こりや頭痛が起きたりすることがあるのです。

また、歯が抜けた側の咀嚼能力が低下することで、反対側で噛む癖がつき、顔の筋肉のバランスが崩れて顔貌が変わる場合もあります。そのため、歯を失われた際には、速やかに入れ歯やブリッジ、インプラント治療などで歯の機能を補わなければなりません。

当院では、入れ歯やブリッジ、インプラント治療のメリットとデメリット、リスク、メンテナンスのしやすさなど、さまざまな観点から患者さまに最も適した治療法をご提案しております。

ブリッジ

ブリッジブリッジは、歯を失ったところの両隣の歯を大きく削り、橋をかけるように人工歯を装着する方法です。

メリット

  • 固定できるため装着時の違和感が少ない
  • 入れ歯よりも噛む力が強い

デメリット

  • 両隣の歯を大きく削る必要がある
  • 神経を抜く必要がある場合は歯の寿命が縮まる

メンテナンス

ブリッジをしたところの全ての歯をより入念にケアする必要があります。日々のブラッシングだけではなく、定期的に歯科医院で歯のメンテナンスを受けてください。

入れ歯

入れ歯入れ歯は、人工の歯茎である「床(しょう)」に人工歯が並んでいる構造です。全ての歯を失った場合は総入れ歯、1本でも残っている場合は部分入れ歯を使用します。総入れ歯は床を粘膜に吸着させて固定する構造です。また、部分入れ歯は金属の留め具で残った歯に引っかけて固定します。

メリット

  • 失った歯の本数に関係なく適用できる
  • 残った歯を削る必要がない

デメリット

  • 装着時に違和感を覚える場合がある
  • 使用中にずれる場合がある
  • 留め具を引っかける歯に負担がかかる
  • 硬いものを噛みづらくなる

メンテナンス

口の状態は日々変化するため、定期的な調整が必要です。また、留め具を引っかける歯への負担を減らすための調整も行います。入れ歯は毎日取り外してすみずみまで清掃しなければ、口の中に汚れが溜まりがちになります。日々のセルフケアと定期的な調整、歯のメンテナンスを継続することが大切です。

インプラント治療

インプラントインプラント治療は、顎の骨にチタン製のインプラントを埋め込み、人工歯を取り付ける治療法です。

メリット

  • 強固な土台を作れるため噛む力を十分に発揮できる
  • 天然歯に近い審美性に優れた人工歯を使用できる
  • 周りの歯を削る必要がない

デメリット

  • 全身疾患があると適用できない可能性がある
  • 保険診療の治療と比べて治療費が高額
  • 治療期間が長い

メンテナンス

インプラントや人工歯はむし歯になりませんが、周りの歯茎は歯周病になる恐れがあります。そのため、日々の歯磨きや定期的な歯のメンテナンスが欠かせません。

インプラント治療と認知症の関係

インプラント治療と認知症の関係食べ物をよく噛むと、脳に刺激が伝わることで認知症のリスクを抑えられるといわれています。噛む力を天然歯と比べると、入れ歯が30%、ブリッジが60%、インプラント治療80%となります。認知症の要因はさまざまですが、認知症が気になる方はインプラント治療を選んだ方がよいでしょう。

インプラント治療は全身の健康につながる

インプラントは全身の健康につながるよく噛めることで唾液の分泌量が増えると、自浄作用によってむし歯や歯周病、口臭が発生しにくくなります。さらに、噛む筋肉を鍛えられることで、しわやたるみ予防にも繋がります。そのほか、身体のバランス感覚が整うことで転倒のリスクも抑えられるなど、インプラント治療でよく噛めるようになることは全身の健康に深く関係していると言えます。

インプラント治療は、外科手術に対して不安を抱える方もいらっしゃいますが、デメリットやリスクに対してメリットが大きい治療法のため、選択肢の1つに加えてはいかがでしょうか。インプラント治療に興味がある方は、当院までお気軽にご相談ください。

一番上に戻る
042-569-8127042-569-8127 初診専用WEB予約WEB予約はこちら